校長室から

No


様子
出来事
 8  2  4  過日ホームページでお知らせしておりました「伊達な献立コンクール」で教育長賞を受賞した給食が,2月3日に県庁2階の食堂カフェテリア「けやき」で販売されました。
 限定メニューということで会議前の早い時間に宮城県教育庁特別支援教育室の門脇室長と食堂に入りました。食堂入口にはスポーツ健康課の担当者が,献立の解説のチラシを配付し,案内していました。評判がよく,早い時間にもかかわらず,カウンターに並んだ皿が少なくなっていました。
 味は給食よりやや濃いめでしたが,ほぼ正確に再現されていました。門脇室長からは「毎日,こんなに美味しい給食を食べていて幸せですね。」といわれました。学校で食べる給食は温かく,更に美味しいと自慢いたしました。ちなみに食堂での価格は550円でした。
 藤木先生をはじめ調理員の皆様,毎日ありがとうございます。
  
 7 10 14   10月8日にPTAの皆様による除草作業(写真)が行われました。台風18号の後,爽やかな秋空のものとで行われました。校庭では多くのお母さんたちが,丁寧な除草や環境整備を,お父さん方には法面の除草作業をしていただきました。目指す学校像にある「学ぶ環境を大切にする学校」の実現の一翼を担っていただき感謝申し上げます。
 前回,ガジュマルの樹の講演のお話をしましたが,10月3日にはフコク生命さんによるクラシックコンサート,7日には利府高校の吹奏楽部の交流会(写真)と芸術の秋にふさわしい行事が続きました。静かな曲にはうっとりと,リズミカルな曲にはのりのりで鑑賞していました。特に高等部の生徒は音楽や演奏に親しむ機会が多く,鑑賞態度も立派でした。心豊かな児童生徒の育成につながると思っております。
 9,10日には富谷校と合同で小学部6年生の修学旅行があり,秋の山形を満喫してきました。お見送り,お出迎えの保護者の皆様ありがとうございました。また,本日は中学部3年生が東京へ2泊3日の修学旅行に出発しました。旅行の様子はHPにアップしてまいります。
 6日と14日の2週続けて週初めの台風による臨時休業で,御心配や御迷惑をおかけしております。本校は学区が広く,通学バスの運行や地域の予想される災害状況等を考慮し,児童生徒の安心と安全を第一に総合的に判断しております。御理解をお願いいたします。
  
 6 10  2  10月1日(水)に第二学期始業式を行い,新しい学期をスタートさせました。高等部3年生にとっては社会に旅立つ学校生活最後の学期となります。充実したものになればと願っています。
 9月20日の利府支援バザー,27日のPTA文化講演会とPTA関連の行事が続き,多くの保護者の皆様に御支援賜りました。バザーの様子は26日付け河北新報に掲載され,中学部の生徒の頑張りを報道されました。地域の皆様にも好評を得て「地域に開かれた学校」の役割を果たすことができました。
 文化講演会では,「がじゅまるの樹」の皆さんによる朗読と音楽劇(写真)を鑑賞しました。ご家族で来場いただき,また地域の施設からもおいでいただきました。開演前は賑やかな場内でしたが,始まるとスーッと静かになり,マイクやアンプを使わず,ギターとパーカッションと生の声で子どもたちの心を引きつけました。そのパフォーマンスに感心いたしました。
 第二学期も学習発表会をはじめ,修学旅行,校外販売会,音楽発表会等々大きな行事がたくさんあります。「児童生徒が主人公である学校」を目指し,教職員力を合わせて教育活動を行ってまいります。
 5  9 24   9月20日(土)に利府支援バザーが開催されました。本校中学部の作業作品の販売や保護者の皆様からの販売品の提供,卒業生の働く作業所等からの出品で,体育館がいっぱいになりました。
 本校中学部からは木工作品,陶芸作品,染色や手芸等の作業学習の成果品が販売されました。ビーズのストラップや染色されたエコバック,皿,コースターなどが来場いただいた地域の皆様に買われ,完売いたしました。
 また,保護者の皆様の手作り品や家庭で使用する機会のない物品や玩具等の提供品が格安に販売されました。はじめは本校の児童生徒の買い物学習の機会として,そしてその後は地域の皆様への販売の機会としました。販売開始の10時半前からのご来場をいただき,どのコーナーも大勢の人で賑わいました。
 利府支援学校を正しく理解していただく良い機会となりました。保護者の皆様に感謝申し上げます。同じ日にグランディ21ではGLAYのコンサートやイースタンリーグの楽天戦で利府町内が混雑していました。その中でご来場いただいた皆様に感謝いたします。
 4  9  4   先週から開催されている「夏休み思い出展」が明日までとなりました(写真)。夏休みにご家族で花火やバーベキューをしたこと。工作や手芸等の作品を仕上げたこと。毎日の学習ドリルをした成果などたくさん展示されています。夏休みの思い出は写真や絵,日記で綴られています。
 どの出展品にも夏の思い出が宝物のように込められていました。各学年ごとに作品展を見学し,友達の夏休みのようすに感心していいました。7月に孵化したインコの雛を継続的に世話や観察した記録や新幹線の車両ごとの特徴を示した工作は,私自身とても勉強になりました。お子さんの送迎やPTA活動で来校した保護者の皆様も夏休み帳や日記を手に取り感心していました。
 力作揃いの思い出展を終えることが残念ですが,1か月を超える夏休み期間の子どもたちの成長を目にすることができました。
 3  8 26   長い夏休みを終え,今日から児童生徒の皆さんが登校してきました。学校が元気を取り戻したように輝き出しました。子どもたちを迎えるにあたって,技師の小谷さんを中心に先生たちが廊下のワックスがけや除草作業をしました。また保健室はレイアウトを変えより使いやすくしましたし,各教室でも掲示物の工夫がなされました。
 今日は各学部ごとに学部集会(写真:高等部)を開き,友達どおしや先生たちとの再会を楽しみました。明日から始まる「夏休み思い出展」で子どもたちの夏休みの様子を感じ取りたいと思っています。
 夏休み中,学校ではPTA主催の「ボランティア養成講座」を開催したり,防災や情報,進路等の研修会をしてきました。
 本校の隣にある同じ県立の利府高校が甲子園出場を決め,甲子園球場で活躍したことは今年の夏休みのビッグニュースです。その壮行式に本校生徒会長の渡邊元気さんが利府高野球部員に高等部の生徒が寄せ書きした色紙を渡し,激励の言葉を話してきました。
 高等部に1人の転校生を迎え,257人の児童生徒の皆さんと夏休み明けの学校が始まりました。
 2  5 23  来る5月25日(日)に15年ぶりの運動会を開催します。
 21日には本番さながらの総練習を行いました。セキスイハイムスーパーアリーナの広さに圧倒されながら,教職員が7時から準備を開始しました(写真)。
 子供たちは,サービスヤードのトンネルを抜けると明るく,広いアリーナに驚き一瞬立ち止まったりしていましたが,すぐに,にこにこして席に向かいました。
 会場に慣れてくると,広い空間を思い思いに走り回ったりしていました。練習はどの学部も仕上がっており,本番を待つだけの状態でした。皆様の応援で更に輝くことと思います。
 会場を提供してくれました宮城県教育委員会,練習会場を提供してくれました利府町,運営を支えてくれます学生・保護者ボランティアの皆さん,子供たちの健康面を支援してくれます高田先生(たかだこども病院),移動の便宜を図ってくれましたミヤコーの皆様,そして応援してくれます保護者の皆様のお陰で開催される運動会を教職員一丸となって成功させたいと準備をしております。
 当日は頑張っている子供たちにご声援をよろしくお願いします。
 1  5 15   新しい学年が始まり一か月が経ちました。新しい友達,新しい先生,そして新たな環境に慣れ学習が始まりました。
 5月12日に児童生徒総会がありました。新しい生徒会役員や応援委員が紹介され,話し合いで決めた今年度のスローガンが発表されました(写真)。
 「希望に向かって進もう 〜元気な笑顔が広がる利府支援学校〜 」(今年度の生徒会役員がもっています)
 このスローガンは25日に開催される運動会でも掲げ,児童生徒会も一丸となって頑張ります。
 そして本日(14日)は,高等部生徒による植栽清掃活動がありました。暑い中,学校周辺の清掃とロータリーのシンボルツリーのまわりの植栽(写真)に頑張ってくれました。学級によっては,額に汗して頑張った姿の記念写真をとったり,冷たい麦茶で労をいやしたりしていました。
 5月25日の運動会まであと10日になりました。校内は運動会の練習に向けた子供たちの声で活気にあふれています。応援よろしくお願いします。

 芸術鑑賞で来校したSCSのHPに本校での公演の様子が公開されていました。(http://jun-harvest.blogspot.jp/)