学 校 給 食

---こんな給食を子供たちに---

・子供たちの健康増進のため,栄養のバランスに配慮し、多様で豊かな
 魅力ある食事内容を目指しています。

・自らが主体的に望ましい食生活を営んでいく力を身に付けることが
 できるよう,学校給食をとおして,支援していきます。

・地場産品の活用や郷土料理の紹介、学校行事や伝統的行事などに配慮した
 料理を提供し,さらに,季節感を味わってもらうため、旬の食材を多く使用し
 給食の食事内容から食文化の伝承を目指しています。
   
・個々の児童・生徒の食事のあり方や健康状態を考慮し,個に応じた
 給食指導の充実を目指しています。
       
    

学 校 給 食 の 内 容
ご 飯
週3回

 宮城産の『ひとめぼれ』を使用しています。精米仕立ての米を納入して
 もらい,自校で炊飯します。お赤飯,たけのこごはん,きのこごはん,
 栗ごはんなど季節を取り入れた,変わりごはんも出ます。
パ ン


 小麦粉,脱脂粉乳,ショートニング,砂糖,塩,イーストなどをこねて作
 られます。主食として,おかずの味をそこなわないよう甘みが押さえて
 あり,素朴な味わいです。基本パン(コッペパン、食パン)を中心に,
 バターロールパン,黒糖パン,チーズパンなどの加工パンも出ます。
 《学校給食パン宮城協業組合から納品されます》



 麺は,どの子供たちも大好きな料理でうどん,やきそば,スパゲティー,
 ラーメンなど色々な麺料理が出ます。子供たちは“みそラーメン”や 
 “チャンポンメン”が大好きです。
牛 乳
(毎日1本)

 200mlの牛乳が毎日つきます。成長期にある児童生徒の血や肉,骨格
 を作るための大切なたんぱく質やカルシウム源になります。不足しがち
 なカルシウムを補うために,給食がない日にも飲みましょう。
 《明治東北工場から納品されます》
おかず

 おかずは主菜,副菜を基本に煮物,焼き物,炒め物,揚げ物,蒸し物
 和え物と様々な調理法を取り入れた献立を心掛けています。
 家庭では取りにくい食品(魚介類,豆類,海そう類など)や不足しがちな
 栄養素(ミネラル,ビタミン)を多く取れるよう工夫しています。
 また,郷土食,行事食や“旬”の食材を積極的に取り入れています。
 

                                             給食ができるまで




         
栄養摂取基準(中学部・高等部の生徒1人1回あたり)
エネルギー たんぱく質 脂肪 カルシウム レチノール当量 ビタミンB1 ビタミンB2 ビタミンC 食塩 食物繊維
kcal mg mg ug mg mg
820 30 25 450 300 0.5 0.6 35 3.0 6.5
※小学部
640 24 20 350 170 0.4 0.4 20 2.5



宮城県立利府支援学校の学校給食は,児童生徒に合わせて【普通食】の他に【軟おかず】【刻み食】【ペースト食】【アレルギー対応食】【食事量調整食】を用意し,個別に対応しています。
普通食

上記の栄養摂取基準を目安に作っています。
また,食材そのものの味や食感などの良さを生かすよう,薄味を心掛け調理の工夫を行っています。
食事形態
対応食
 児童生徒の個別の摂食機能にあわせて,安全に食べる方法を学ぶため
次のような食事形態対応食を提供しています。
 軟おかず  普通食をやわらかくしたものです。おかずは時間をかけて煮たり,圧力釜を使ってやわらかく調理したりします。
ごはんは水分を多くした軟ごはんやおかゆで対応しています。
 刻み食
 軟おかずを細かく刻んだ物です。
料理ごとに,フードカッターを使用して刻んでいます。主食は,ごはんの日はおかゆを,パンは,小さく刻んで牛乳に浸したものを,麺類は,調理ばさみで小さく切ったものを提供しています。
 ペースト食
 軟おかずをペースト状態にしたものです。
調理は料理ごとに行い,フードカッターで細かく刻んだ後,さらにミキサーにかけてなめらかなペースト状にしています。おかゆ,パン,麺類もペースト状にしています。
果物については,種や皮を取り除いた後,ジュースやペースト状にしています。
アレルギー
対応食

食物アレルギー等のある児童生徒に対して,アレルゲンとなる食品を除いた除去食や可能な物については代替食の提供を行っています。

担当者が専任で調理しています。
食事量調整食
肥満傾向にあるとともに疾患を抱えている生徒に対して,意識づけのために
ダイエット食を提供しています。主食,主菜の量を調整し,主食のごはん,パ
ン,麺については,配分量の20%減の分量を基本量としています。